骨FIX~整骨院・整体院ナビ

手、腕を上げて寝る「バンザイ寝」は肩こりの原因に?解消法をご紹介

整骨・整体お役立ちコラム

手、腕を上げて寝る「バンザイ寝」は肩こりの原因に?解消法をご紹介

朝起きたら、無意識のうちに両腕が上がった「バンザイ」の状態になっていて、肩や腕に痛みを感じる…という経験はありませんか?
ベッドに入ったときはちゃんと腕を下ろしていたはずなのに、気づけば手、腕を挙げて寝ていたという状態は、一般的に「バンザイ寝」と呼ばれています。

「バンザイ寝」はさまざまな体の不調が原因となって寝相に現れているんです。

この記事では、「手、腕を挙げて寝てしまう原因」や、「バンザイ寝の対策方法」などについてご紹介します!

手、腕を挙げて寝るバンザイ寝の原因って何?

バンザイ寝の原因

「バンザイ寝」は、手、腕を挙げてる寝相のことを指します。赤ちゃんが眠っているときによく見かける寝相で、のびのびとリラックスして眠っているようにも見えます。

確かに、小さなお子様はバンザイ寝をしても特に大きな問題はありませんが、大人の方がこの姿勢で眠っているときは体に不調があるかもしれません!

バンザイ寝の原因①肩・肩甲骨まわりの筋肉のこり

私たち人間は、眠っているとき無意識に寝返りをうつものですが、頻繁に寝返りをうったり寝相が悪かったりすると眠っていても肩などに疲れや違和感を覚えるようになります。

中でも首・肩こりがひどい場合は、肩の負荷を抑えようと腕を上げるようにして寝ることがあるのです。

バンザイ寝は、肩甲骨周辺の筋肉を一時的に緩めてくれたり胸が開いて呼吸しやすくなったりするため、楽に感じやすい姿勢といえます。

バンザイ寝の原因②背中周辺の筋肉のこり

背中まわりの筋肉がこっていることが、バンザイ寝の原因とも言われています。

近年ではデスクワークをする方が増えており、長時間のパソコンやスマホの操作で肩回りの筋肉が凝り固まった状態になっています。

長時間デスクワークをした後に腕を天井に向かって伸ばすと、首や肩・背中の筋肉が伸びていって気持ちいいですよね。

バンザイ寝は、このような肩のコリや背中の疲れが解消されていないまま眠ってしまい、寝ているときに楽な姿勢を求めた寝相であることも多いようです。

バンザイ寝の原因③身体に合わない寝具を使っている

普段の体の疲れだけでなく、身体に合わない寝具を使っていることも、バンザイ寝の原因の一つとされています。

使用しているマットレスや枕などが身体に合っておらず、無意識のうちに楽な姿勢を探してバンザイ寝をしてしまうのです。

例えば、低反発や柔らかいマットレスを使っていて腰や背中が深く沈んでしまうと腰や背中に負荷がかかるため、その負荷を軽減しようとしてバンザイをした状態で寝ることがあります。

バンザイ寝をし続けることによるリスク

少し苦しそうに眠る女性

手、腕を挙げて寝る「バンザイ寝」は、肩や首、背中のこりなどが原因ということがわかりました。

しかし、バンザイ寝をすると肩が首のコリが解消されるどころか、血行不良などによってますます筋肉が固くまってしまうため、もっと状態が悪くなってしまうと言われています。

バンザイ寝が引き起こすリスク①血行不良・身体の冷え

バンザイで眠っていると手先まで血が巡りにくくなってしまい、身体の冷えや肩こり・首こりを悪化させることにもつながります。

起きたときに手先が痺れていたり痛くて動かせなかったりすることもあり、バンザイ寝が癖になっている方は対策しましょう。

また、バンザイ寝で同じ姿勢を続けることによって血行不良が起こると、体が冷えやすくなります。
もともとバンザイ寝は、肩や手が布団の外に出る形になるため手先が冷えやすい寝相でもあるのです。

こうした冷えや血行不良を作らないためにも、普段の疲労を癒してバンザイ寝を改善してあげないといけません。

バンザイ寝が引き起こすリスク②疲れが取れない

本来ならば眠っている間に疲れが撮れるはずなのですが、バンザイ寝をしてしまうことで逆に体が疲れてしまうこともあります。

バンザイをしているので通常よりも寝がえりを打ちにくくなり、長時間同じ姿勢で眠っていると体に疲労が溜まりやすくなるためです。

寝ても寝ても疲れが取れない、なんだか肩や首が痛いという方は、もしかしたら無意識のうちにバンザイ寝をして締まっているかもしれません!

バンザイ寝が引き起こすリスク③睡眠時無呼吸症候群

手、腕を挙げて寝ることで、顎が圧迫されてしまい気道が狭まることがあります。

気道が狭まると呼吸がしづらくなるため、場合によっては睡眠時無呼吸症候群を引き起こすリスクにも発展するでしょう。

睡眠時無呼吸症候群になると熟睡できないため、疲れが取れなかったり日中に眠たくなったりします。

睡眠時無呼吸症候群を発症すると、集中力が続かず、仕事や運転にも支障をきたすため注意が必要です。

バンザイ寝の対策方法は?

心地よく眠る女性

先述したように、手や腕を挙げて寝る「バンザイ寝」は、さまざまな問題を引き起こす原因になります。

何も対策をせずにバンザイ寝を続けていると、肩こりなどを悪化させる恐れがあるので、放置は禁物です。

では、バンザイ寝の対策方法についてどういったものがあるのかご紹介していきます。

バンザイ寝の対策方法①身体に合ったマットレスに買い替える

バンザイ寝の対策方法としては、まず睡眠環境を見直すことから始めましょう。

バンザイ寝は、肩や首、背中のこりなどが原因の一つですが、たとえこりが解消されても寝具が身体に合っていなければ同じことを繰り返してしまいます。

まずは、背中や腰に負担のかからない寝具を用意するなど睡眠環境を整えることが大切です。

基本的には、腰が沈みすぎない固めのマットレスを選ぶことをおすすめします。

バンザイ寝の対策方法②肩・首・背中・腰などのこりをほぐす

首や肩のこりは、ストレッチによってほぐすことができます。お風呂上がりや夜寝る前に、軽くストレッチしてみるとよいでしょう。

ストレッチを習慣化することで、バンザイ寝の対策になるだけでなく肩こりなどの解消にもつながります。

お風呂でしっかりと湯船に浸かりながら、肩周りの筋肉をほぐすのもおすすめです。

忙しいとシャワーで済ませてしまいがちですが、できる限り湯船につかる日を設けるようにしましょう!

バンザイ寝の対策方法③整体院に通って肩こりなどを解消する

自分一人ではどうしようもないという方は、整体院に通って肩こりや背骨の歪みを解消してもらうとよいでしょう。

適切なアプローチの仕方で肩や首のこりをほぐしてもらうことで、眠っているときに腕を挙げてしまうのを防げます。

また背骨を矯正することで胸が開く呼吸がしやすくなり、手、腕を挙げて寝ることもしなくて済むでしょう。

寝具を買い替えたりストレッチしたりしても解消されない方は、整体院に相談してみてください。

バンザイ寝の原因と対策方法まとめ

バンザイ寝の原因は、主に「首・肩・背中・腰」などのこりや合わない寝具を使っていることなどです。

バンザイ寝は、そうした身体のこりをやわらげるために無意識に行なってしまうケースが多くなっています。

しかしバンザイ寝を続けていると肩こりの悪化にもつながりますので、放置せずしっかりと対策することが必要です。

寝具を買い替えたりストレッチしたりすることで対策になりますが、それでも解決しない可能性もあるでしょう。

そういったときは、整体院に相談して適切な施術を受けるのがおすすめです。肩こりや身体の歪みを解消することで、バンザイ寝の予防につながります。

ずは、お近くの整体院を探してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事はこちら