骨FIX~整骨院・整体院ナビ

筋肉痛が起こる仕組みとは?整体で痛みを解消することはできる?

筋トレや激しい運動によって、普段使わない筋肉を使うと筋肉痛を起こすことがあります。

人によっては、日常生活の中でふとした動作をするときに痛みを感じて辛い思いをすることもあるでしょう。

筋肉痛は時間が経てば自然と解消されるため、それほど気にしない方も多いですが、なぜ起こるのかご存知ですか?

この記事では、筋肉痛が起こる仕組みと整体で痛みを解消することができるのかという点についてご紹介していきます。

なぜ筋肉痛が起こるタイミングについて

muscle-pain

筋肉痛が起こるのは、一般的に「普段使わない筋肉」を使ったときです。

例えば、激しい運動をしたり筋トレに励んだり重い荷物を持ったりするなど、普段使わない筋肉に強い負荷がかかると筋肉痛になります。

筋肉痛と呼ばれていますが怪我とは違って、運動してからすぐに痛くなるわけではありません。

筋肉痛を感じ始めるタイミングは人によって異なりますが、大体数時間〜数日後に痛みが発生します。

筋肉痛が起こる仕組みについて

なぜ激しい運動をしたり普段使わない筋肉を使ったりすると、筋肉痛が起こるのでしょうか。

実は、筋肉痛が起こる詳しい仕組みについては、未だによくわかっていません。

今までは疲労物質の乳酸が筋肉に溜まることで起こるものと考えられていましたが、近年の新たな見解によると破壊された筋繊維が修復される際に生じる炎症が原因といわれています。

筋肉は、「筋繊維」という細い糸状のようなものでできており、激しい運動などによって筋肉が刺激されるとかんたんに破壊されてしまうのです。

そして筋繊維が破壊されると、今度は修復するために炎症が起こります。

炎症によって傷ついた筋肉から、新しい筋肉へと再生されるというわけです。

その炎症が起こったときに生成される刺激物質が、筋肉痛のもととされています。

身体の脱水が筋肉痛の原因という説もある

筋肉痛の原因としては、身体の脱水という説もあります。

運動によって汗を大量にかくと、体内の水分の減少とともに血流の勢いも減ってしまうため、酸素や老廃物が停滞しやすくなってしまうのです。

その結果、筋肉の弛緩・収縮が正常に働かず、凝り固まった部位が他の筋肉に引っ張られて生じる痛みが「筋肉痛」と考えています。

筋肉痛になったら自分でケアすることは可能?

self-stretch

筋トレや激しい運動を行なったあとは、自分でケアを施すことで筋肉痛の予防や解消につなげることが可能です。

ここからは、筋トレや激しい運動を行なったときにできる筋肉痛のセルフケアについてご紹介していきます。

筋肉痛のセルフケア方法①アイシング

筋肉痛のセルフケアとして、まず「アイシング」という方法があります。

筋肉痛は、筋繊維が破壊されて筋肉が炎症を起こし痛みが生じている状態です。

そのためアイシングで患部を冷やすことで、炎症が抑えられ筋肉痛の解消につながります。

アイシングは炎症が起こる前、つまり運動直後に行うのが理想的です。

あらかじめ筋トレや激しい運動をする予定があるなら、前もってアイシング用の保冷剤や氷嚢を用意しておくとよいでしょう。

もし用意していない場合は、近くのコンビニなどで冷えた缶ジュースや冷湿布を買って、できるだけ早く対処することをおすすめします。

またアイシングで冷やしたあとは、適度に温めるのも良いです。

温めて血管を拡張させることで、破壊された筋繊維に酸素や栄養を届けることができます。

ただし炎症を起こしている間は、温めないようにしてください。

筋肉痛のセルフケア方法②ストレッチ

アイシングのほかに、ストレッチを行うことも筋肉痛のケアにつながります。

運動後にゆっくりと丁寧に筋肉を伸ばしてあげることで、筋肉痛を和らげることが可能です。

基本的には、運動後の身体がまだ冷えていないタイミングでストレッチを行うように心がけてみてください!

運動後にすぐにストレッチができない場合は、お風呂上がりに行うのもおすすめです。

またストレッチに関しては、運動後だけでなく運動前に合わせて行うことをおすすめします。

急に激しい運動をすると肉離れなどを起こす危険性があるため、運動前のストレッチも非常に大切です。

筋肉痛は整体院で解消できる?

self-stretch

基本的に筋肉痛になっても、ほとんどの人は自然と良くなるまで放置すると思います。

しかし人によっては、回復に時間がかかることがありますし、スポーツをしている方に関してはできるだけ筋肉の疲労を残したくないものです。

そういったときは、アイシングやストレッチでセルフケアをするよりも整体などに通って施術を受けるのがよいでしょう。

では、整体院ではどのような施術を受けることができるのでしょうか。

整体院ではマッサージによって回復を目指す

整体院によってさまざまな施術メニューが用意されていますが、一般的に筋肉痛に対するアプローチとしてはマッサージを行うことが多いです。

激しい運動を行なったあとは筋肉が緊張している状態なので、マッサージによって緊張をほぐし筋肉痛を和らげることができます。

さらにマッサージには、施術箇所の血行を促進する働きもあるため、傷ついた筋肉に酸素や栄養素を届けることが可能です。

セルフケアをするよりもプロに任せたほうがよい

筋肉痛を解消するためには、運動後のストレッチやマッサージがよいですが、自分自身で行う場合は加減に気をつけなければなりません。

運動後の緊張した筋肉をほぐそうと、むやみに自分で揉んだり押したりすると、かえって筋肉の回復の妨げになる可能性があります。

そのためセルフケアを行うよりもプロの整体師にお願いして、正しい方法で施術してもらうのがおすすめです!

筋肉痛が起こる仕組みと整体で解消する方法まとめ

筋肉痛は、筋トレや激しい運動によって普段使わない筋肉を使ったときに起こります。

厳密にいうと、筋トレなどによって傷ついた筋繊維を修復するために起こる炎症によって筋肉痛が発生するのです。

筋肉痛は、アイシングやストレッチなどセルフケアによって、ある程度ケアすることができます。

しかし自分自身のケアでは、力加減が分からなかったりついやり過ぎてしまったりすることもあるでしょう。

そういったときは、整体院に足を運んでプロの整体師の施術を受けることをおすすめします。

筋肉痛がなかなか解消されない、筋肉痛を予防したいという方は、まずお近くの整体院を探すところから始めてみてはいかがでしょうか。

人気の整骨院ランキング

最新コラム