骨FIX~整骨院・整体院ナビ

整体の好転反応とは?痛みや眠気は身体が良くなっている証拠?

整骨・整体お役立ちコラム

整体の好転反応とは?痛みや眠気は身体が良くなっている証拠?

「整体を利用したあとに、身体に痛みや眠気、気だるさを感じた経験がある…。」

せっかく整体院を利用した後なのに、痛みや気だるさを感じると何だか良くないような気がしますが、このような不調は「好転反応」と呼ばれるものであることが多いんです。

好転反応は、文字通り「身体の状態が好転している証拠」なので、決して悪いものではありません。

この記事では、整体を受けたあとに起こる好転反応についてご紹介していきます。

整体を受けたあとに起こる好転反応とは?

整体の好転反応の眠気

整体や鍼、リンパマッサージといった施術を受けたあとに、身体に痛みや気だるさ、さらには疲れや発熱、眠気などを感じることがあるのですが、これを好転反応と呼びます。

痛みなどがあると「揉みすぎたのでは?」と心配に思う方も中にはいると思いますが、「好転反応がある=身体が回復している」という証拠なので、深く気にしなくて大丈夫なものが多いのですよ。

好転反応はなぜ起こる?

整体を受けて凝り固まった身体がほぐれると、滞り気味だった血液やリンパの流れが解消されて、溜まっていた毒素・老廃物といった悪いものが全身に流れていきます。

その結果、身体に痛みや気だるさといった好転反応が現れるようになるのです。

たしかに、身体の状態としては辛いものがありますが、しばらく経てばこういった不調も良くなっていきます。

好転反応が起こってから回復するまでの期間は?

好転反応は、整体を受けた次の日あたりから起こりはじめ、2〜3日ほど続くケースが多いです。

人によって差はありますが、この2〜3日の間は身体に痛みや眠気を感じ安くなりますが、2〜3日を過ぎると好転反応がなくなって身体の調子も良くなっていくでしょう。

好転反応は大きく分けて4つの種類がある

好転反応を調べる女性

好転反応には、これまでご紹介したようにさまざまな反応があり、大きく分けると以下の4種類があげられます。

・弛緩反応
・過敏反応
・排泄反応
・回復反応

ここからは、4種類の好転反応にそれぞれどのような特徴があるのか一つひとつ解説していきます。

好転反応の種類①弛緩反応

整体などを受けることによって、それまで緊張していた筋肉がほぐれていきます。

凝り固まった状態からほぐされることで、筋肉に溜まっていた毒素や老廃物が一気に全身を巡るようになるのです。

この反応を「弛緩反応」と呼び、毒素や老廃物が一気に流れ込むことで身体が対応できず、倦怠感や疲労感、発熱などが起こるといわれています。

好転反応の種類②過敏反応

整体で施術した箇所が痛みや炎症といった反応を起こすことを「過敏反応」といいます。

人によっては、痛みや炎症だけでなく痒みを感じることも少なくありません。

過敏反応が起こる原因としては、整体によってほぐした箇所の血流が良くなることによって身体の壊れた組織を再生しようしているからです。

好転反応の種類③排泄反応

マッサージや整体などで施術を受けると、それまで溜まっていた毒素や老廃物を外に出そうと身体が動き始め、その際に起こる反応が「排泄反応」です。

例えば、吹き出物やニキビ、湿疹などが現れたり下痢が起きたり、尿の色が濃くなったりなど、身体の悪いものを外に排泄しようという反応が起こります。

好転反応の種類④回復反応

整体によってそれまで滞っていた血行が良くなると、汚れた血液が全身を巡り始めます。

すると発熱や倦怠感、腹痛、吐き気といったさまざまな反応が現れることがあります。

これを「回復反応」と呼び、一時的に起こる反応で、女性の場合は上記の反応の他にも悪血が起こることもあります。

整体後に好転反応が現れたときの過ごし方

好転反応中の過ごし方

整体を受けたあとに、「受ける前よりも身体がしんどい気がする」と感じた場合、それは好転反応である可能性が高いので、それほど心配する必要はありません。

とはいえ身体の痛みや倦怠感などしんどい状態が2〜3日続きますので、その間どのように過ごせばいいのか気になる方もいるでしょう。

そこでここからは、整体後に好転反応が現れたときの過ごし方についてご紹介していきます。

身体を温めてゆっくり過ごす

整体を受けて好転反応が現れたら、まず身体を冷やさないように気を付けつつゆっくり過ごすことをおすすめします。

好転反応が出ているということは、身体が回復に向かっているということであり、元の自然なバランスを取り戻そうとしている証拠です。

身体を温めてくれる飲み物・食べ物を取り入れて、中から温めていけば回復を目指す身体のサポートにつながります。

身体を冷やしたり激しい運動をしたりするのはNG

好転反応が起こっている期間中は、身体を冷やさないように気を配りましょう。

普段から冷たい飲み物やアイスなどを口にする機会が多い方は、しばらく我慢したほうがよいです。

普段から身体が冷えやすいという方は、食事を見直してみてください。

例えば、根菜や生姜、ネギなどは、身体を温めてくれる作用があるので、冷え対策にはおすすめの食材です!

また、好転反応中はできるだけ激しい運動をせずに2〜3日はゆっくり休むことを意識しましょう。

水分を補給して汗をたくさんかく

好転反応中は、水や白湯などを飲んでしっかりと水分補給しましょう。

身体を冷やさないようにするためには、水よりも白湯がおすすめです。

一日あたり2リットル以上の量を、こまめに分けて飲むことをおすすめします。

たくさん水分を摂れば、尿として毒素や老廃物を外に出すことが可能です。

また、水分補給も大事ですが、湯船に浸かってしっかりと汗を流すことで老廃物などを体外に排出指せるようにしましょう。

普段シャワーしか浴びないという方も、できればゆっくりと湯船に浸かって身体を温めて汗を流す機会を増やしてみてもいいかもしれません。

整体後の好転反応と好転反応中の過ごし方まとめ

整体やマッサージを受けたあと、人によってさまざまな形で好転反応が現れることがあります。

好転反応としては、「弛緩反応」「過敏反応」「排泄反応」「回復反応」の4種類に大別されていて、反応によって身体の痛みや眠気、倦怠感、吐き気などが現れます。

いずれにしてもその言葉通り、身体が好転して回復している証拠といえますので、好転反応中は身体を冷やさないように気をつけてゆっくり過ごすようにしましょう。

もし肩こりや身体の歪みによる不調などを感じているのであれば、お近くの整体を利用してみてください。

整体で施術を受けたあとは、好転反応が起こる可能性も少なからずありますが、回復を目指して適切な施術を行なってくれるでしょう。

まずは、最寄りの整体を探すことから始めてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事はこちら