骨FIX~整骨院・整体院ナビ

アロマオイルの効能とは?効果別におすすめの香りをご紹介!

整骨・整体お役立ちコラム

アロマオイルの効能とは?効果別におすすめの香りをご紹介!

疲れやストレスがたまった時に癒してくれるイメージのあるアロマオイル。
興味はあっても「実際アロマオイルにはどんな症状に効果があるの?」と疑問に思われている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回はアロマオイルの代表的な効能について解説します!
さらに効果ごとにおすすめのアロマオイルもご紹介しているので、ぜひご自分にぴったりの香りを見つけてください。

アロマオイルの効能って?

アロマオイル

アロマオイルのいい匂いを嗅ぐと自然と心が落ち着きますよね。
でも、アロマオイルにはリラックス効果以外にも身体に嬉しい様々な効能があるんです。

まずは、アロマオイルが私たちの心や身体に与える影響をいくつかご紹介します!

効能①|鎮静作用がある

アロマオイルには気持ちを和ませる効果があります。
アロマオイルを嗅いだ時に香りの成分が電気信号として脳に伝わることで、自律神経の乱れが改善されたりホルモンバランスが整うのです。

そのため好きなアロマオイルの香りを少し嗅ぐだけでもストレス・疲れの緩和につながります!

香りを嗅ぐだけではなく少量を口から摂取するという方法もありますが、アロマオイルはとても刺激が強いので必ず専門家の指導のもと行ってください。

効能②|肩こりや頭痛に効く

アロマオイルを数滴たらした蒸しタオルを首や肩に当てると、肩こりや頭痛をやわらげてくれます。
アロマオイルの香りの効果でこわばった身体の緊張がほぐされ、さらに温めることで血の巡りが良くなるのです。

肩こり・頭痛に効くと言われているアロマオイルにはラベンダーやペパーミントなどがあります。

効能③|女性特有のお悩みを解消

生理中はイライラしやすくなったり、生理痛が辛いという女性も多いのではないでしょうか?
アロマオイルはそんな生理痛やPMSなどに悩む女性の心強い味方です!

アロマオイルの成分が神経の鈍い痛みをやわらげてくれたり、香りを嗅ぐことで気分転換を図ることができます。
アロマオイルを2滴ほどたらした熱めのお湯を手首や足に少しつけるだけでも、生理中の不快感が改善されるのでぜひ試してみてください!

効能④|お掃除や虫よけに使える

アロマオイルには雑菌の繁殖を抑えたり、虫を寄せ付けない効果が期待できます。
お掃除の際に、アロマオイルを数滴たらしたお湯で雑巾を絞って拭くとカビも防止できますよ!

お風呂など水回りのお掃除でも、市販のアルコールスプレーにアロマオイルを10~20滴混ぜて使うのも一つの手です。

また、オレンジ・スイートのアロマオイルにはがんこな油汚れを落とす効果があるので、台所のお掃除にもうってつけですよ。

おすすめのアロマオイルは?【効果別】

リラックス

一口にアロマオイルと言ってもお店行くとたくさんの種類の香りが並んでいますよね。
「アロマオイルを使ってみたいけど、どれを選んだらいいのかわからない」
という方もいらっしゃると思います。

ここからはアロマオイルを使う目的別におすすめのアロマオイルをご紹介します!

目的①|ぐっすり眠りたい

「夜しっかりと熟睡したい」という方はベルガモットやカモミールのアロマオイルを使うと良いでしょう。
特にベルガモットは気分の浮き沈みを穏やかにしてくれる作用があります。
カモミールにも緊張やイライラといったネガティブな感情を取り除いてくれる効果があり、心地よく深い眠りへと誘ってくれますよ!

おやすみ前にタイマー付きのアロマディフューザーをたいてから寝ると快眠できるのでおすすめです。

目的②|集中力をアップさせたい

集中力を上げたい方には、グレープフルーツやレモンといった柑橘系のアロマオイルがぴったりです。
柑橘系のアロマオイルのフレッシュな香りがすっきりと目覚めさせてくれるため、眠気も吹っ飛びますし、頭も冴えわたります。

気合を入れたい仕事や勉強に取り掛かる前などに嗅ぐといいアロマオイルです!

目的③|冷え性・むくみを解消したい

冷え性やむくみにお悩みの方にはジンジャーやローズマリーのアロマオイルがおすすめです。

ジンジャー(しょうが)は、寒い時や風邪をひいた時などにしょうが湯などを飲む方も多いと思うので効能のイメージがわきやすいと思います。
実はローズマリーも料理用のハーブに使われていて、冷え・むくみの原因である血行不良を改善してくれる働きがあるのですよ!

これらのアロマオイルの効能によって身体の血の循環が良くなり、ぽかぽかと全身を温めてくれる効果があります。

目的④|花粉症対策をしたい

ペパーミントやユーカリの入ったスプレーをマスクに吹きかけると、花粉症の対策にもなります。
特にペパーミントのアロマオイルは花粉で炎症を起こしてしまった鼻やのどに効果ばつぐんです!
ユーカリは花粉症だけではなくウイルス対策にも効果があり、コロナ禍の今の時期に感染症対策で大活躍します。

コロナウイルス感染防止でみんなマスクが手放せない時代になったので、手軽にアロマオイルの効果を実感したいという方にもおすすめです!

目的⑤|スキンケアをしたい

「肌をもっときれいにしたい」という方は、ラベンダーやローズ・オットーのアロマオイルを使うと保湿できますし、お肌もきゅっと引き締めてくれる効果があります!

ラベンダーもローズ・オットーもアロマオイルの中では刺激の少ないほうなので、敏感肌の方でも使用可能です。
ただし、低刺激だからといって直接アロマオイルを肌につけることは避けましょう。
アロマオイルを精製水や天然の植物オイルと混ぜて、オリジナルの保湿液を作って肌につける方法が一番おすすめです!

目的⑥|生理痛をやわらげたい

「毎月重い生理痛に悩まされている」という方は、クラリセージやイランイランのアロマオイルで痛みがある箇所を柔らかくマッサージをすると症状がやわらぎます。

お腹が痛くなったり、頭や腰が痛くなったりすると、それだけでテンションが下がってしまいますよね。
どちらのアロマオイルも気分を高めてくれる働きがあるので、生理中に落ち込みがちな方にもぴったりですよ!

アロマオイルの活用方法は?

ディフューザー

記事の前半でも言った通り、アロマオイルはそのままでは刺激が強すぎるため使えません。

「自分に合いそうなアロマオイルは見つかったけど、どうやって使ったらいいんだろう?」という方のために、自宅で簡単にできるアロマオイルの活用方法についても解説します!

自分の気に入ったアロマオイルを上手に活用して日々のストレスを解消しましょう!

方法①|アロマディフューザーを使う

アロマディフューザーには加熱式や気化式などいろいろな種類がありますが、大手の家電屋さんなどで一番よく見かけるのは超音波式のディフューザーです。
超音波式ディフューザーはタンクの中に水を入れて、蒸気と一緒にアロマオイルの香りを楽しむタイプのディフューザーになります。

使い方はとても簡単で、超音波式ディフューザーにお好きなアロマオイルを数滴たらしてスイッチを押すだけです!
すぐに蒸気と共にアロマオイルのいい香りが部屋いっぱいに広がり、見た目もおしゃれなのでインテリアにもぴったりですよ!

ただ、超音波式ディフューザーのタンクはこまめに掃除をしないと、ばい菌が増えてしまうので注意しましょう。

方法②|アロマバスに入る

アロマバスに入浴するのも手軽にアロマオイルを楽しむ方法としておすすめです。
アロマバスの準備の仕方は簡単で、ぬるめのお湯を張った浴槽の中に、アロマオイルを3~5滴たらすだけです!

ただ、アロマオイルは放っておいても水に溶けないので、入るときはお湯をよくかき混ぜてから浸かりましょう。

アロマバスは30分~40分ほどと、長めの入浴が丁度よいと言われています。
しかし、アロマオイルの自律神経を落ち着かせる効果が薄れてしまうので、暇だからといって入浴中にスマホやタブレットをいじるのはNGです。
お風呂場を暗くしてキャンドルを灯し、静かに揺れる炎を眺めているとさらにリラックス効果が出ますよ。

方法③|アロママッサージをする

アロマオイルを使ったマッサージは部分的な痛みがある場合に有効です。

アロマオイルを数滴たらしたマッサージ用オイルをブレンドして、痛みがある部位を優しくさすったり揉んだりしていきます。
アロマオイルのほのかな香りとマッサージの2つの効果で、リンパの流れが良くなり新陳代謝のアップも期待できます。

セルフケアもできますが、アロママッサージをやってくれるサロンや専門店もあるので本当に疲れた時は足を運んでみるのもいいかもしれません。

アロマオイルの効能|まとめ

アロマオイルの効能

☑不安や緊張を取り除いてくれる
☑身体の痛みを落ち着かせてくれる
☑辛い生理痛や気分の落ち込みをやわらげてくれる
☑菌やカビの繁殖を抑えたり虫を寄せ付けない効果がある

アロマオイルには私たちの気分に働きかける作用だけでなく、身体の不調を癒してくれる効能もあり、マイナスな感情や体の痛みを軽減させてくれます。

アロマオイルはご自分が求める効能によって選ぶのはもちろん、実際に香りを嗅いでみて「これがいい!」と直感で感じたものを使ってみるのもありです!
また、一種類のアロマオイルだけではなく、何種類かブレンドするとアロマオイルの効果がさらに高まりますよ。

お気に入りのアロマオイルを使って心も体もリフレッシュして、ストレスをなるべくため込まないようにしながら毎日を乗り切っていきましょう!

おすすめの記事はこちら