骨FIX~整骨院・整体院ナビ

産後の骨盤矯正はいつからできる?結果やメリットについて

整骨・整体お役立ちコラム

産後の骨盤矯正はいつからできる?結果やメリットについて

「産後なかなか体型が元に戻らない」
「腰痛がよくならない」

という悩みを持つ方は少なくありません。

そういった悩みの解消法の1つとして「骨盤矯正」が有名ですが、産後いつから骨盤矯正を受けられる気になる方が多いのではないでしょうか?

今回は、産後に起こりうる影響を始め骨盤矯正のタイミングや得られる結果、骨盤矯正のメリット、施術時の注意点について解説したので産後に骨盤矯正を考えている方は参考にしてください!

産後に起こりうる影響は?

お腹

まずは、産後に起こりうる影響について解説します。
産後のお母さんの身体は妊娠中と同じくらいに非常にデリケートで元の身体に戻ろうとするためホルモンバランスが大きく崩れてしまいます。また産後直後のお母さんの多くは骨盤のゆがみが生じ、骨盤がゆがむことによってさまざまな影響が起こります。

骨盤のゆがみが原因で腰痛やお腹がスッキリしないといった悩みを引き起こしたり、生理痛が以前よりもひどくなるといった問題も考えられ、その影響で睡眠の質が下がってしまうケースも少なくありません。

これらのような体調面の影響以外にも、太りやすくなってお尻・太もも・下っ腹などが気になったり、肌荒れに悩まされたり、O脚・X脚になるなどお肌や体型への影響もあります。

骨盤は直接目で見ることができないため、ゆがみに自分で気が付くことは難しいので上記のような悩みや症状を感じる場合は骨盤矯正を受けることがおすすめです。

骨盤矯正は産後いつからいつまで受けるべき?

骨盤矯正を受けられる目安としていわれているのは、産後「2~3ヶ月後」です。

産後すぐにでも骨盤矯正を受けたいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、最初の1~2ヶ月は赤ちゃんを産んだ体をしっかりと休めてあげましょう。

産後の骨盤矯正はいつから受けられる?

実際に骨盤矯正をしよう!と思っても、産後直ぐに骨盤矯正を行っていいのか悩みどころですよね?

産後の骨盤矯正は平均的に産後2~3ヵ月を目安に施術を受ける方が多いとされていますが、これは人によって体調や体の回復具合が異なるので一概に「いつから大丈夫!」とは言い切れず、実際に産後1ヶ月程度で施術を受ける方もいます。もし帝王切開をして出産されたという方は、傷跡がしっかりとふさがるのを待ってから骨盤矯正をすることをおすすめします。

また、中には産後しばらくの間、出血が続いたり恥骨部に痛みが生じたりする方もいるので、無理をせずに自分の体とお医者さん・施術者に相談しながら始めると安心して骨盤を矯正することができるでしょう!

産後の骨盤矯正はいつまでに受ける?

産後は骨盤が柔らかくなっているので産後2~3か月を目安に骨盤矯正を開始してあげるといいとされていますが、産後あまりにも時間が過ぎてしまうと骨盤周りがゆがんた状態のまま固定され始めてしまいます。

産後に骨盤矯正を行ってしっかりと効果を得るためにも「産後6か月以内」に骨盤矯正を行うことをおすすめします!

産後から月日が経てばたつほど矯正するのが難しく、何度も施術を繰り返す必要があるため時間が掛かるだけでなく高額な費用まで掛かってしまいます。産後半年以上経過した方に骨盤矯正を行っているかどうかは整体院によって異なるので、産後半年以上経過している場合でも、まずは整体院に相談してみましょう!

産後の骨盤矯正を受けるメリットと得られる結果

産後の骨盤矯正を受けるメリット

産後に骨盤矯正を受けるメリットや得られる結果はいくつかありますが、今回は以下の5点について解説していきます。

・腰痛や肩こりの解消
・尿漏れやぽっこりお腹の解消
・むくみや肌荒れの解消
・妊娠前の体型に戻す
・比較的矯正しやすい

骨盤のゆがみが体の不調や頭痛などの原因になっている場合もあるので、骨盤矯正をしてあげることで上記メリットで触れている点以外のお悩みが改善される可能性も考えられます。

産後の骨盤矯正のメリット①腰痛や肩こりの解消

産後の骨盤矯正を受けることで、腰痛や肩こりの解消につながります。
特に産後の育児では中腰になる場面も多く、慢性的に腰痛があると非常に辛いものなので、骨盤矯正を行って腰痛や肩こりなどの不調が解消されれば体の痛みなどに悩まされることなく、お子様との時間を過ごすことができます。

また、腰痛などが解消されて正しい姿勢になることで睡眠の質も改善され、普段の疲れも回復しやすくなるとうメリットにも繋がります。

産後の骨盤矯正のメリット②尿漏れやぽっこりお腹の解消

産後、骨盤が開くことによって内臓が下がるとお腹がぽっこり出てしまうので、ウエスト周りのシルエットが気になるという方も多く、妊娠や出産が原因になって骨盤周りの筋力が低下してしまうと尿漏れしやすくなるといったことも産後の代表的な悩みの1つです。

骨盤矯正は、こうしたぽっこりお腹や尿漏れの解消にもつながります。

産後の骨盤矯正のメリット③むくみや肌荒れの解消

筋肉がこり固まっていると血行やリンパの流れが悪くなってしまうので、産後の骨盤矯正によって骨盤周りのこり固まった筋肉を柔らかくすることが可能です。

骨盤矯正でこりを解消すれば血行やリンパの流れが良くなりむくみが解消されるだけでなく、血流が良くなることで老廃物が流れやすくなるので、肌荒れ解消といった結果も期待できるでしょう。

この他にも血流が良くなれば、女性にとっての大きな悩みの1つである冷えの解消にもつながります。

産後の骨盤矯正のメリット④妊娠前の体型に戻す

妊娠や出産で負担がかかり、骨盤がゆがみ、開いてしまうと下半身が大きく見えてしまい、骨盤がゆがんでいるとダイエットをしても成果が出ずらく、体重も落ちずらいと言われています。

骨盤矯正は下半身が大きく見えてしまう原因や、ダイエットの効果が出ない根本の原因(歪み)を解消してくれるので、妊娠前の体型に戻りやすくなります

産後の骨盤矯正のメリット⑤比較的矯正しやすい

先ほど産後いつから骨盤矯正ができるのか、またいつ頃までに施術した方が良いのかについてご説明しましたが、産後半年は骨盤が柔らかいので比較的矯正しやすいです。

出産前から骨盤がゆがんていた方が出産を経験すると、骨盤の歪みがより増してしまうので、産後柔らかくなった時にしっかりと本来の位置に戻してあげることが大切です。

産後の骨盤矯正によるデメリットと注意点

産後の骨盤矯正によるデメリット

ここまでは骨盤矯正で得られるメリットと得られる結果についてお話ししましたが、産後に骨盤矯正を受けることで生じるデメリットや注意点はあるのでしょうか?

基本的に、骨盤矯正を受けずに産後の骨盤の歪みを放置するほうがデメリットは大きいですが、注意点という意味では以下のようなものがあげられます。

骨盤矯正の注意点

・産後すぐは負担が大きいので安静にする
・整体院によって費用が異なる
・悩みの解消には何度か通う必要がある

産後の骨盤矯正のデメリット①産後すぐは負担が大きいので安静にする

骨盤矯正を始めるタイミングとしては産後2~3ヶ月程度が目安で、中には産後1ヶ月程度で骨盤矯正を受ける方もいらっしゃいますが、産後1ヶ月まではまだ身体が完全に回復した状態ではない方が多いため産後すぐに骨盤矯正受けてしまうと負担が多くかかってしまうのでしばらく休ませることが大切です。

体の状態が1ヶ月で回復する方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、産後は育児など大変な時期が続きますので少なくとも2~3ヶ月程度は様子を見てから骨盤矯正を検討するようにしましょう。

産後の骨盤矯正のデメリット②整体院によって費用が異なる

最近では、自分でできる骨盤矯正グッズなどが販売されれおり、比較的安価で挑戦することができますが、整体院などでプロの整体師による施術を受けたほうがより良い結果を得られるといえます。

しかし整体院などに通って骨盤矯正を受ける場合は当然ながら費用がかかり、整体院によって費用設定が異なるため、事前によく確認するようにしましょう。

相場としては1回の施術で5,000円~という整体院が多く、整体院によっては割引が適用されるケースもありますが、整骨院を選ぶ際は施術費用の安さだけで選ぶのではなく、事前に口コミなどの確認をしておくことをおすすめします!

産後の骨盤矯正のデメリット③悩みの解消には何度か通う必要がある

整体院で骨盤矯正を受ける場合、1回あたり5,000円~が相場とされており、基本的には1回では終わらず産後の悩みを解消するためには何度か通う必要があります。

骨盤矯正をするのに整体院へ通う目安は2~3ヶ月にかけて7回程度で、1回5,000円の整体院へ7回通うとなると35,000円になります。

金銭的問題だけでなくこれだけの回数を通うとなったときにお子様を誰かに預けて向かうというのが難しい方もいらっしゃると思いますが、産後の骨盤矯正をしてくれる整体院の中にはお子様を連れて行けるところも少なくありませんので、なかなか時間が取れない方はお子様を連れて通える整体院を探すのも1つの方法です。

まとめ|骨盤矯正の目安は産後1〜2ヶ月後

骨盤矯正は産後2~3ヶ月後が始める目安であると言われていますが、赤ちゃんを産んだ後のママの身体はとてもデリケートな状態です。産後の体調の回復などは、人によって個人差があるため一概に「産後〇ヶ月後からできます!」とは言えません

体の様子を見ながらお医者さんや整体院と相談して骨盤矯正を検討するとよいでしょう。

当サイトではエリア別にさまざまな整体院をご紹介していますので、ぜひ、ご自身のニーズにあった最寄りの整体院をお探しください。

おすすめの記事はこちら