骨FIX~整骨院・整体院ナビ

腰痛の原因になる反り腰とは?セルフチェックと解消方法をご紹介

整骨・整体お役立ちコラム

腰痛の原因になる反り腰とは?セルフチェックと解消方法をご紹介

みなさんの中には、腰痛やポッコリお腹にお悩みの方も多いのではないでしょうか?

実はその腰痛などの悩みは、「反り腰」が原因となっている可能性があります!

そこでこの記事では、反り腰とはどのような状態を指すのかということに加え、反り腰の原因やセルフチェック・解消方法などについてご紹介していきますので参考にしてみてください。

反り腰とは?反り腰になる原因について

反り腰になる原因

反り腰は、腰痛やポッコリお腹の原因になるといわれているのですが、そもそも反り腰になる原因には何があるのでしょうか。

そして、そもそも反り腰とはどういう状態のことをいうのか気になる方もいると思います。

反り腰とは文字通り腰が反っていて、主に腰椎の前弯が強くなっている状態で、腰椎以外にも骨盤の歪みとも大きく関係しているといわれています。

反り腰は、慢性的な腰痛やポッコリお腹などのさまざまな問題の原因となり、女性に多く見られる印象があります。

では、反り腰になる原因としてはどういったものがあるのでしょうか。

反り腰の原因①お腹周りの筋力の低下

反り腰とは、主に腰の反らせる筋肉が過剰に働くと起こるといわれています。

それだけではなく、お腹周りの筋力が落ちることも原因の一つで、お腹と腰周りの筋力のバランスが悪くなると反り腰を引き起こすのです。

それだけでなく骨盤が前側に傾いていることなども反り腰の原因となるため、筋力のバランスを整えたり正しい姿勢を身に付けたりすることが解消につながります。

反り腰の原因②急激に体重が増えた

リモートワークによる運動不足や妊娠などによって急激に体重が増加した場合も、反り腰の原因になりうるので覚えておきましょう。

お腹が出た状態になると、立ったときに若干の前傾姿勢になってしまい、その前傾姿勢を正しい姿勢に戻そうとして、無意識のうちに反り腰が癖づいてしまうのです。

またデスクワークなどで座って仕事をすることが多い方も、悪い姿勢で長時間座り続けると骨盤が歪んでしまい結果的に反り腰につながります。

反り腰の原因③ハイヒールなどをよく履く

反り腰は、妊娠による体重増加やヒールの高い靴を履くことが原因になることもあり、比較的女性に起こりやすい問題となっています。

ヒールが高いとどうしても前傾姿勢になりがちなので、その前傾姿勢を支えるために反り腰になって負担がかかってしまうのです。

セルフチェックで反り腰度を確認してみよう

セルフチェックで反り腰度を確認

反り腰とは腰が反った状態のことですが、自分ではなかなか反り腰かどうか判断がつかない方もいると思います。

そこでここからは、自分が反り腰かどうかを確認するセルフチェックの方法をご紹介していきますので、気になる方は試してみてください。

壁を使った反り腰セルフチェック

一つめの反り腰セルフチェックは、壁を使って行う方法です。

①裸足のまま壁に背中を向けて、壁から5cmほどの位置にかかとが来るように立ちます。
②そして壁に頭・背中・お尻の3箇所を付けましょう。
③続いて壁と腰の隙間に手を回して入れたときに、どれくらいの余裕があるかどうか確認してみてください。

▶もしすっぽりと入るようであれば、反り腰である可能性が高いということになります!

寝ながらできる反り腰セルフチェック

続いては、壁などを使わずにできる反り腰セルフチェックのご紹介です。

①まずは、床の上に仰向けに寝て両手は左右に揃えましょう。
②そして床と腰の隙間に手を入れて、どれくらいの隙間が空いているか確認します。

▶もし、入れた手がすっぽりとかんたんに抜けてしまうほど余裕があれば反り腰です。

微妙な隙間で判断がつかない場合は、腰に痛みを感じるかどうかを確認してみてください。
痛みを感じる場合は、ひざを立ててみて痛みが軽減されるようなら反り腰の可能性が高いといえるでしょう。

反り腰を解消する方法について

反り腰を解消する方法

セルフチェックをしてみて反り腰だと思ったときは、ストレッチなどによって解消できる可能性があります。

反り腰とは、ただ腰が反るだけでなく腰痛やポッコリお腹にもつながってしまうので解消するに越したことはありません。

ここからは、反り腰を解消する方法についてご紹介していきます!

反り腰の解消方法①ストレッチをして筋肉のバランスを整える

反り腰は、筋肉のバランスが崩れることが原因の一つですので、ストレッチを習慣化することで解消を目指すことが可能です。

反り腰の良いとされるストレッチにはいろんな方法がありますので、YouTubeなどの動画サイトを参考にするとよいでしょう。

ここでは、道具なしですぐに始められる体幹を鍛えられるトレーニングをご紹介します!

①まず両膝を立てた状態で仰向けになります
②腰の下に手のひらを差し込みます
③お腹に力を入れて手に圧がかけながら30秒キープします
④次にお腹に力を入れたままお尻を上げます
⑤腰が浮かないように気をつけながら30秒キープ!

反り腰の解消方法②整体に通って正しい姿勢へと導いてもらう

「自分でどのようにストレッチをすれば良いかわからない」「間違った方法をしてしまわないか不安」という方は、やはり整体院などに通って適切な施術を受けましょう。

整体では、緊張し固くなった腰回りの筋肉をほぐすだけでなく、歪んだ骨盤などを整えてくれるなど全身を正しい姿勢へと導いてくれます。

整体によっては、自宅でできるセルフケア方法なども教えてくれるので、通えないときにも自宅で実践することが可能です。

反り腰の原因とセルフチェック方法|まとめ

反り腰とは、文字通り腰が反った状態のことで、主にお腹周りの筋力低下や急激な体重増加、そして高いヒールを履くことなどが原因としてあげられます。

「なんとなく自分の腰が反っているような気がする……」と感じている方で、すでに腰痛やポッコリお腹を実感している場合は反り腰の可能性が考えられるでしょう。

自分が反り腰かどうか知りたい場合は、まずは壁や床を使った簡単なセルフチェック方法があるので一度試してみてください。

反り腰や腰痛などを解消したいと考えている方は、自分でストレッチを行うのもよいですが整体院に通うのもおすすめです!
まずは、最寄りの整体院を探してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事はこちら