骨FIX~整骨院・整体院ナビ

産後に歩けないくらい腰が痛いのは骨盤のゆるみ・歪みが原因?

産後にひどい腰痛に悩まされる女性は多く、中には歩けないくらい痛いというケースもあります。

歩けないだけでなく立ち上がるだけでも一苦労となると、心身ともに辛いものです。

産後の腰痛は、骨盤のゆるみ・歪みが原因である場合が多いのですが、なぜ骨盤はゆるんでしまうのでしょうか。

そこでこの記事では、骨盤が歪む原因や痛みを解消する対策方法についてご紹介していきます。

産後に歩けないくらい腰が痛いのは骨盤のゆるみが原因

腰が痛いのは骨盤のゆるみが原因

産後、歩けないくらい腰が痛い……というときは、骨盤にゆるみ・歪みが生じていることが原因として考えられます。

女性は妊娠や出産によって骨盤がゆるんでしまうのですが、ゆるんだ状態のまま悪い姿勢で過ごしたり筋力が低下したりすると歪みが生じたまま固まってしまうのです。

この骨盤のゆるみ・歪みによって腰椎にも歪みが生じて、腰の痛みにつながります。

妊娠中に反り腰が腰痛の原因になることも

妊娠中、大きくなったお腹を支えようと少し後ろに反るような姿勢になる方が多いです。

いわゆる反り腰によって腰に負担がかかってしまい、腰痛に発展することもあります。

また産後も赤ちゃんを抱っこする際に腰に負荷がかかって、腰が痛い状況に陥る場合もあるでしょう。

産後の女性の身体は、想像以上に弱くなっており少しの負担がさまざまな問題を引き起こす可能性があります。

このように出産による骨盤のゆるみや産後の育児による腰への負担が「歩けないくらい腰が痛い」という状況を作り出すため、産前・産後の周りのサポートが必要不可欠です。

産後に骨盤がゆるむ3つの原因

産後に骨盤がゆるむ3つの原因

産後に腰が痛くなる原因としては、骨盤のゆるみ・歪みが生じていることがあげられます。

では、産後に骨盤がゆるんでしまう原因としては、どういったものがあげられるのでしょうか。

①リラキシン作用
②産後の過ごし方
③筋力の低下

いくつか原因をあげると、上記の3つがあります。産後に骨盤がゆるむ原因について一つずつご紹介します。

産後に骨盤がゆるむ原因①リラキシン作用

妊娠すると「リラキシン」というホルモンが分泌されるのですが、このリラキシンには骨盤をゆるめる作用があります。

骨盤をゆるめることで産道を広がりやすくして、出産の際に赤ちゃんが通りやすいようにするという役割があるのです。

妊娠すると分泌されるリラキシンですが、産後もおよそ1ヶ月前後は分泌され続けるといわれています。

そのため産後1ヶ月間は、できるだけ安静に過ごすことが大切です。

産後に骨盤がゆるむ原因②産後の過ごし方

本来であれば、少なくとも産後1ヶ月程度はできるだけ横になって過ごすのがよいといわれています。

しかし近年では、共働きの夫婦が増えていたり両親と同居していなかったりするため、産後すぐに家事・育児を始める女性が多いです。

産後の骨盤がゆるんでいる状態で無理に活動すると、骨盤が歪んでしまい腰痛を引き起こしてしまいます。

産後はご家族や周りの人たちに協力してもらいながら、負担をかけないように過ごしましょう。

産後に骨盤がゆるむ原因③筋力の低下

妊娠後、出産時期が近づくほどに運動を控えるようになるため、徐々に筋力が落ちていきます。

その結果、骨盤を支える筋力も低下してしまい、骨盤に歪みが生じたり不安定な状態になったりするのです。

また上述したように、妊娠中は腰の反り具合にも気をつけなければいけません。

お腹が大きくなるとどうしてもバランスを取るために反り腰になりがちですが、反り腰は腰に大きな負担がかかり、腰痛を悪化させる原因になるため姿勢を意識して過ごすことも大切です。

産後の腰痛を解消する対策方法

産後の腰痛を解消する対策

産後の歩けないくらい痛い状態になった腰は、どうすれば解消することができるのでしょうか。

ここでは、産後の腰痛を解消する対策方法として3つのポイントをご紹介していきます。

①日常の過ごし方を気をつける
②腰の歪みを解消するストレッチをする
③整体院などで骨盤矯正の施術を受ける

この3つの対策方法について、詳しくみていきましょう。

産後の腰痛の対策方法①日常の過ごし方を気をつける

まず自分でできる範囲の対策方法としては、「日常の過ごし方を気をつける」ということに尽きます。

家事や育児など何気ない活動の中で、骨盤や腰に負担をかけてしまっているケースが多いです。

例えば、授乳中の座り方や赤ちゃんの抱き方なども意識してみてください。
あぐらやお姉さん座りなど、床の上に直接座って授乳するのは負担がかかってしまうので、あまりおすすめ出来ない姿勢です。

授乳の際は、できるだけ椅子やソファに座って、授乳クッションなどを用いて行うようにしましょう。

産後の腰痛の対策方法②腰の歪みを解消するストレッチをする

ストレッチによって、腰の歪みや痛みを解消することができます。

ストレッチ方法については、整体院の方が投稿しているYouTubeの動画を参考にしてみるとよいでしょう。

ただし産後の女性の身体は非常にデリケートですので、自分で行う場合は細心の注意が必要です。

不安な方は、整体院などに通って適切な施術を受けることをおすすめします。

産後の腰痛の対策方法③整体院などで骨盤矯正の施術を受ける

産後の腰痛は、骨盤のゆるみや歪みが主な原因ですので、整体院に通って骨盤矯正の施術を受けることで痛みが軽減される場合があります。

整体院に相談する際は、単に腰痛があることを伝えるのではなく産後であることも伝えてみましょう。

骨盤矯正の施術をしてくれるだけでなく、日頃の過ごし方の注意点や適切なストレッチ方法を教えてくれる整体院や整骨院もあります!

産後の腰の痛みがひどいという方は、我慢せずに整体院に相談するようにしてください。

産後の骨盤のゆるみ、腰痛の原因まとめ

産後、歩けないほど腰が痛い場合、骨盤がゆるんでいることが原因として考えられます。

女性の骨盤は、妊娠・出産によってどうしてもゆるんでしまうのですが、産後に悪い姿勢などで過ごしていると歪んだまま固まってしまうため注意が必要です。

できるだけ腰に負荷がかからないように過ごすこと、そしてストレッチなどをすることで腰の痛みを和らげることができるでしょう。

しかし具体的にどうすればいいかわからない、何をやっても痛みがなくならないという方は、整体院に相談することをおすすめします。

整体院であれば、痛みの原因である骨盤のゆるみ・歪みを解消してくれるだけでなく、産後の過ごし方などについても適切なアドバイスをしてくれますよ。

産後の腰の痛みで悩んでいる方は、まず最寄りの整体院を探してみてはいかがでしょうか。

人気の整骨院ランキング

最新コラム